海上保安学校採用試験 日程はいつだ?高卒で目指す海猿への道

解除保安学校採用試験のまとめ

高校生

海猿ってかっこよくね?高卒だけどなりたい。どうやったらなれる?

と、いった質問に回答していく。

本記事は海上保安官になるための方法をまとめている。

高卒で海上保安官(海猿)になりたい人必見の内容である。

海上保安学校採用試験とは

海上保安学校採用試験海上保安官になるために合格しなければいけない試験だ。

海上保安官といっても、いくつかの試験区分(職種)があることを知っているだろうか。

例えば海上保安官と聞いてポピュラーなものが海猿

海猿は海上保安学校採用試験で「船舶運航システム課程」を受験し、合格することが必要である。

採用後、学校生活を経て、潜水士の選抜メンバー入り、研修を経て海猿になることができるのである。

つまり、誰でも海猿になれるわけではない。

海上保安学校採用試験は海猿になるための1歩にすぎないのだ。

その他、海上保安学校採用試験には「航空課程」「情報システム課程」「管制課程」「海洋科学課程」がある。

海上保安学校ってどんな仕事をするの?

海上保安学校は海上保安官を育成するための学校だ。

区分に応じたプログラムを1年~2年の期間をかけて勉強するわけだ。

同じ海上保安でもやることが異なるため、やりたい仕事ができる課程を受験するようにしよう。

受験区分と職務内容を簡単に書いておく。

船舶運航システム課程

1年間の教育期間を経たあと、巡視船等に乗り、「領海警備」「海難救助」「海上犯罪の取締り」「海上交通の安全確保」「海上災害及び海洋汚染の防止」を行う。

その他、海上保安部署での陸上勤務。

航空課程

1年間の教育期間を経たあと、飛行機とヘリコプターの要因に分かれ、一定の研修を受ける。

研修後はそれぞれの操縦士として「領海警備」「海難救助」「海上犯罪の取締り」などを行う。

情報システム課程

2年間の教育期間を経たあと、「領海警備」「海難救助」「海上犯罪の取締り」の業務や通信機器の運用管理の業務に従事。

管制課程

2年間の教育期間を経たあと、運用管制官として海上交通センター等において、航行船舶の動静を把握し、船舶の安全な航行に必要な情報提供や大型船の航路入航間隔の調整などを行う。

海洋科学課程

1年間の教育期間を経たあと、本庁、管区本部に勤務し、海洋観測、測量、海図の作成などに従事。

海上保安学校採用試験の年齢制限は?

①平成31年4月1日において高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して5年を経過していない者及び平成32年3月までに卒業する見込みの者。

②高等専門学校の第3学年の課程を修了した者であって、平成31年4月1日において当該課程を修了した日の翌日から起算して5年を経過していない者。

海上保安学校採用試験 日程はいつ?

海上保安学校採用試験は9月に実施されている。

5月には幹部候補生になるための選考も行われているので興味がある人は「海上保安学校【特別】 僕は海猿になる!試験情報まとめ」を参考にしよう。

参考 海上保安学校【特別】 僕は海猿になる!試験情報まとめ公務員試験情報チャンネル

2019年(平成31年度) 海上保安学校採用試験の日程は以下の通り。

受付期間 【ネット出願】
7月16日(火)~25日(木)
【郵送・持参】
7月16日(火)~18日(木)
1次試験 9月22日(日)
1次試験
合格発表
10月9日(水)
2次試験 10月15日~24日の間で指定された日
最終合格発表 11月19日(火)

高卒が受験できる公務員試験は9月に集中しているので、併願を考えるときは注意したほうがいい。

高卒の日程は「【2020年度】高卒で公務員を目指す!試験日程一覧」で確認しよう。

海上保安学校採用試験 対策すべき内容は?

海上保安学校採用試験も学校に入るための試験だが就職試験である。

そのため筆記試験のほかに面接試験や体力試験が実施されているので覚えておこう。

試験内容は以下の通り。

1次試験 基礎能力試験
学科試験
作文試験
2次試験 個人面接
身体検査
体力検査

海上保安学校採用試験 基礎能力試験

基礎能力試験(教養試験)が1次試験にすべての受験区分で実施される。

公務員試験で特有の一般知能分野と中学、高校で勉強してきた内容の一般知識分野から構成される試験を基礎能力試験(教養試験)とよんでいる。

出題科目が多いため対策に時間がかかる試験だ。

はやめに対策をしておきたい。

海上保安学校採用試験 学科試験

学科試験は「航空課程」「管制課程」「情報システム課程」「海洋科学課程」の区分を対象に実施される。

内容は高校で勉強した「数学」「英語」「物理(海洋科学課程のみ)」から出題。

基礎能力試験より科目数は少ないがレベルが高く、大学センター試験レベルの出題が多数あるので注意しよう。

海上保安学校採用試験 作文試験

作文試験は「船舶航空システム課程」のみ実施される。

作文試験は提示されたテーマについて自分の考えを書く試験である。

テーマ把握、文章構成能力などを評価されるため、文章を書くことが苦手な人は対策が必須。

海上保安学校採用試験 個別面接

先ほども書いたが就職試験なので面接で一定の評価をもらわないと合格することはできない。

「なぜ海上保安官になりたいのか。」

「海上保安官になって何がしたいのか」

「学生時代に頑張ったことは」

といった質問に堂々と具体的に答える試験だ。

説得力ある内容を伝えるには具体性が必要。

そのため時間をかけてやってきたことを分析しよう。

海上保安学校採用試験 体力検査

体力検査の内容は以下の通り。

上体起こし 30秒間、男子21回以上、女子13回以上
反復横跳び 20秒間、男子44回以上、女子37回以上
鉄棒両手ぶら下がり 10秒以上

この回数は最低基準。これ以上を目標にやることが重要。

海上保安学校採用試験 倍率は高い?

人気の船舶運航システム課程の平均倍率は7倍前後である。

公務員試験の中では比較的ふつうの倍率だ。

過去の倍率は以下の通り。

海上保安学校採用試験 2017年の倍率

申込数 合格数 倍率
船舶運航 3,364人 400人 8.4倍
航空課程 179人 14人 12.8倍
情報 185人 68人 2.7人
管制課程 97人 31人 3.1倍
海洋科学 84人 19人 4.4倍

海上保安学校採用試験 2016年の倍率

申込数 合格数 倍率
船舶運航 3,451人 478人 7.2倍
航空課程 150人 15人 10.0倍
情報 197人 62人 3.2人
管制課程
海洋科学 99人 15人 6.6倍

海上保安学校採用試験 2015年の倍率

申込数 合格数 倍率
船舶運航 3,418人 508人 6.7倍
航空課程 152人 15人 10.1倍
情報 262人 94人 2.8人
管制課程
海洋科学 100人 23人 4.3倍

海上保安学校採用試 採用予定人数は

2019年(平成31年度)は昨年より40名増加の340名の採用を予定している。

詳細は以下の通り。

募集区分 採用人数
船舶運航システム課程 220人
航空課程 25人
情報システム課程 60人
管制課程 20人
海洋科学課程 15人

海上保安学校採用試験 2018年の採用予定数

募集区分 採用人数
船舶運航システム課程 180人
航空課程 25人
情報システム課程 60人
管制課程 20人
海洋科学課程 15人

海上保安学校採用試験のまとめ

  • 海上保安官には数種類の区分がある
  • 試験は9月に実施
  • 倍率は7倍前後

警察官や消防官を目指している受験生で海上保安官を併願する人は多い。

試験の内容も大きく変わらないので挑戦してみよう。