警視庁採用試験3類(高卒) 倍率から読み解く難易度の高さ

        3分

警視庁採用試験3類の合格方法

高校生

俺、高校を卒業したら警視庁で働きたいんだけど大学行かないとなれないの?試験について教えてほしい。

と、いった質問に回答していく。

政治や経済の中枢である東京都は人口約1300万人を超えている。そんな大都市の安全や安心を守っているのが警視庁だ。

ネット世界の発展はすごく、犯罪の手口は複雑で巧妙になりつつある。

そんな犯罪から都民を守るための警察官になるための方法を書いてくので、参考にしてほしい。

高卒で東京警視庁の警察官になる方法

結論から言えば、高卒でも警視庁(東京都の警察官)になることは可能だ。

なり方はとてもシンプルで、年に数回行わる「警視庁警察官採用試験」に合格すれば警察官になれるわけだ。

採用試験は筆記試験体力試験面接試験など多くの試験が用意されており警察官として適任かどうかを判断するために実施される。

ただ「警察官になりたいな~」と夢を見ていても合格することはできない。合格するためには準備が必要だ。

ただ、準備をするといっても何を準備したらいいかわからないだろう。しかし、これから何を準備すればいいか具体的に書いていくからである。安心してほしい。

MEMO
試験はⅠ類(大学卒)とⅢ類(高校卒)の2種類に分かれている。

警視庁採用試験3類(高卒) 日程

高卒を対象とした警視庁採用試験は年に2回実施されている。

【2020年度】高卒で公務員を目指す!試験日程一覧」でも書いているが、全国的に高卒の試験は9月にあるので覚えておこう。

2019年(平成31年度)の選考スケジュールは次のとおり。

1回目

受付期間 7月26日(金)~8月5日(月)
1次試験 9月8日(日)
1次試験
合格発表
9月下旬
2次試験 【男性】
9月28日(土)
【女性】
9月29日(日)
最終合格 12月上旬

2回目

受付期間 11月29日(金)~12月9日(月)
1次試験 令和2年1月12日(日)
1次試験
合格発表
令和2年1月下旬
2次試験 【男性】
令和2年2月1日(土)
【女性】
令和2年2月2日(日)
最終合格 3月下旬

他の県も受験できる?

結論をいえば警視庁と他県の警察官採用試験は試験日程が違うため、併用は可能だ。

後述するが、筆記試験の内容はほとんど同じなので特別な対策をする必要もない。

しかし、千葉県警も神奈川県警も埼玉県警も受けたい!といったことはできないので注意しよう。

詳しくは「高卒で警察官のなり方。採用試験を簡単に説明する。」を参考にしてほしい。

警察官のなり方を紹介高卒で警察官のなり方。採用試験を簡単に説明する。

警視庁採用試験3類(高卒) 内容

冒頭でも書いたが警視庁採用試験で実施される試験内容は「筆記試験」「面接試験」「体力試験」などがある。

具体的な内容は以下のとおり。

1次試験 教養試験
作文試験
国語試験
適性試験
身体検査
2次試験 面接試験
身体検査
適性検査
体力検査

警視庁採用試験3類(高卒) 教養試験

教養試験は「一般知能分野」と「一般知識分野」で構成される問題のことをいう。

内容は中学、高校で勉強してきた内容がメインである。「高卒で公務員試験を受ける人必見!出題科目は15科目以上!?」で詳しく書いているので参考にしよう。

問題数は50問、試験時間は120分である。

警視庁採用試験3類(高卒) 国語試験

教養試験とは別に国語試験が実施される。

試験内容はシンプルで漢字の「読み」と「書き」だ。

漢字は読めるけど、書くのは苦手・・・という人も多いのではないだろうか。

読みと書きはそれぞれ30問ずつ、計60問の出題がある。これを20分で解かなくてはいけないので覚えておこう。

ちなみに1問1点で計算されるため、満点がとれるとかなり有利だ。

MEMO
レベルは漢字検定準2級程度

警視庁採用試験3類(高卒) 作文試験

作文試験は提示されたテーマについて自分の考えや警察官としての抱負などを書く試験だ。

作文は1,000字程度を80分で仕上げる必要がある。

教養試験と違って「確かな正解」がないため対策は難しい。まずは文章がどの程度書けるのかを把握して、レベルに応じた対策をするようにしよう。

参考に平成30年度に出題されたテーマを書いておくので、1度書いてみよう。そして国語の先生に見せて評価をもらうこと。

学校生活の中で得た最も大切なことを、警察官としての活動にどのように活かしていきたいかを述べよ。

警視庁採用試験3類(高卒) 面接試験

2次試験で個人面接が実施される。

警察官の試験では、面接試験が1番重要なので覚えておこう。

言ってしまえば筆記試験で点数があまり取れていなくても1次試験は突破することができる。しかし、面接試験は一定の評価を得られないと合格することはない。

もう一度、「なぜ警察官になりたいのか」「警察官として何がしたいのか」などを具体的に話せるように準備しておこう。

警視庁採用試験3類(高卒) 体力検査

警察官は体力がないとできない仕事である。

そのため最低限の体力があるかを判断するために体力検査が実施されている。

しかし、プロレベルの体力が必要なわけでもないので安心してほしい。

  • 腕立て伏せ
  • バーピーテスト
  • 上体起こし
  • 反復横跳び

警視庁採用試験3類(高卒) 倍率

2018年(平成30年度)の最終結果は男性6.6倍、女性9.5倍となった。

全国の警察官採用試験と比べて高い倍率にあるが、試験日程がずれており、全国から受験者が集まるため仕方がない。

参考に過去の倍率を書いておくので参考にしてほしい。

警視庁採用試験3類(高卒) 2018年の倍率

受験者 合格者 倍率
男性 2336 353 6.6
女性 883 93 9.5

警視庁採用試験3類(高卒) 2017年の倍率

受験者 合格者 倍率
男性 2664 409 6.5
女性 830 115 7.2

警視庁採用試験3類(高卒) 2016年の倍率

受験者 合格者 倍率
男性 2559 451 5.7
女性 813 132 6.2

警視庁採用試験3類(高卒) 年齢制限

30歳のおっさん

俺、高卒だし・・・30歳だし・・・今更、警察官になれるわけないよな・・・

そんな悩みを抱えている人もいると思うので言っておくが、30歳でも警察官になれる

と、いうのも警視庁は35歳まで受験を認めているからだ。

2019年(平成31年度)の年齢制限は「昭和59年9月10日~平成14年4月1日までに生まれた人」を対象としている。

全国的に警視庁の年齢制限は緩い傾向にあるので本気で警察官を目指す人は挑戦してみよう。

警視庁採用試験3類(高卒) 採用人数

2019年(平成31年度)は男性、女性ともに採用数を減らす見込みとなっている。

それぞれの採用予定数は以下のとおり。

  • 男性:245人(-155人)
  • 女性:50人(-40人)

警視庁採用試験3類(高卒) 資格があれば有利?

持っている資格や経歴に応じて加点される制度がある。

条件にあてはまる資格があれば積極的に申請しよう。何もないより多少有利になるぞ。

資格の基準は以下のとおり。

体力 柔道 初段以上
剣道 初段以上
その他の武道 初段以上
スポーツ歴 全国規模の大会、日本選手権、国民大会、など
語学 英語 英検2級以上、TOEIC470点以上など
中国語 中国語検定3級以上など
韓国語 ハングル能力検定準2級以上

警視庁採用試験3類(高卒)のまとめ

  • 試験は9月から、年に2回実施。
  • 試験は筆記、面接、体力
  • 倍率は男性5倍、女性8倍程度

警察の仕事は交番勤務から犯罪捜査、要人警護まで多義にわたる。

警察官となってどんな仕事をしたいのか、仕事についての勉強も必要だということを覚えておこう。