【高卒】国家一般職 面接試験で聞かれることまとめ|【傾向と対策】

高卒 国家一般職 面接の傾向

高校生

国家一般職の個人面接ってどんなことが質問されるの?傾向とか知りたいな・・・。

と、いった悩みを解決する。

本記事は「国家一般職(高卒程度)」の面接試験に関する情報を発信している。

  • 国家一般職を受験する
  • 面接試験について情報が欲しい
  • 質問内容が知りたい

と、いった人におすすめの内容だ。

まずは面接の内容を理解して、質問内容を確認しよう。

そして、質問内容について自分で答えられるようにシミュレーションを重ねていこう。

高卒で国家一般職を受験する人国家一般職は高卒でもなれる!試験の全体像を解説!

【高卒】国家一般職 面接試験の重要性

結論をいえば、国家一般職の面接試験は重要ではない

なぜなら、配点は全体の20%だからである。

面接の対策に時間をかけるより、基礎能力試験や適性試験の対策をしたほうが合格に近づくだろう。

しかし、面接試験で一定の評価をもらうことができないと筆記試験が満点でも不合格になってします。

だから、最低限の対策は必要になるので覚えておこう。

【高卒】国家一般職 面接試験で重要なこと

面接試験は過去の経験から、

  • どんなことができるのか
  • 何がしたいのか

を、具体的・論理的に答える試験である。

だからこそ時間をかけて自己分析をしなくてはいけないのだ。

面接試験は事前に提出する面接カードの内容にそっておこなわれる。

後述するが、面接カードには、

  • 自己PR
  • 志望動機

を記入しなければならない。

先ほども書いたが、具体的・論理的に文章を書かなければいけないため時間がかかる。

確実に試験に受かりたいなら1次試験の3か月まえくらいからは自己分析を始められるようにしよう。

【高卒】国家一般職 面接試験の傾向

国家一般職の面接試験は「個人面接」がおこなわれる。

試験時間は20分、面接官3人の形式だ。

面接カードの内容にそって、自己PRや志望動機を中心に質問される。

【高卒】国家一般職 面接カードの重要性

個人面接は「面接カード」の作成作業がとても重要である。

理由は2つ。

  • 個人面接は事前に記入する面接カードの内容から質問されるため
  • 個人面接は「第1印象」が大切なため

面接カードの見栄えは重要か?

第1印象はどこで決まると思う?

多くの人は面接室に入った瞬間だと答える。

しかし、それは間違いである。

なぜなら、面接官は事前に「面接カード」をチェックして面接試験に臨むからだ。

面接カードには

  • 「写真」
  • 「字」

が書いてあるわけだが、「写真」と「字」だけでも人の印象って大きく変わるのは知っているだろうか。

参考記事のタイトルとURLを入力してください

良い印象を持って面接に入れるように面接カードには十分、気を配ろう。

【高卒】国家一般職 面接カード

面接カードに記入する内容はわかりやすく書くことがポイント!

面接カードに記入できる文字数に限度があるので、あれもこれも書くと中途半端で意味がわかりにくい文章ができてしまいます。

面接官が質問しやすくなるように文章を考えるようにしましょう。

面接カードの内容

  • 最終学歴
  • 職歴
  • 志望動機
  • 志望官庁等
  • 印象に残っている体験
  • 趣味、特技など
  • 好きな教科・科目
  • 自己PR

【高卒】国家一般職 個人面接の質問内容

・緊張していますか。

・昨日は眠れましたか。

・志望動機を教えてください。

・なぜ国家一般職を志望しましたか。

・公務員と民間企業の違いは何ですか。

・なぜ公務員を志望しましたか。

・学校で好きな授業は何ですか。

・部活はやっていますか。

・自己PRをしてください。

・休日はどのように過ごしていますか。

・生物が好きと書いていますが、どんな分野が好きですか。

・地理が好きと書いていますが、地理の魅力は何ですか。

・部活動では悩んだことはありますか。

・部活動での失敗を教えてください。

・部活動の経験を仕事にどうやって活かしますか。

・転勤があります。大丈夫ですか。

・一人暮らしになると思いますが、不安はありませんか。

・ストレスはどのようなときに感じますか。

・ストレスは溜まりやすい方ですか。

・ストレス解消法を教えてください。

・知らない人たちとコミュニケーションを取る場合、あなたはどのような行動をしますか。

・コミュニケーション能力に自信はありますか。

・集団生活の経験はありますか。

・集団で何かを成し遂げたエピソードを教えてください。

・集団生活でどのような役割でしたか。

・働くまでに新しく始めたいことはありますか。

・上司や先輩と意見が違った場合、どのように対応しますか。

・外回りのある職場でも大丈夫ですか。

・地方への異動についてどう思いますか。

・併願状況について教えてください。

・もし試験に不合格だったらどうしますか。

【高卒】国家一般職 個人面接の評価基準

面接試験は次の4項目について評価される。

  1. 協調性
  2. 積極性
  3. 表現力
  4. 態度

評価はA~Eの5段階評価で、D以下の評価がつくと不合格となるので注意しよう。

協調性

・他者の意見や考えを理解しようとするか,独りよがりなところはないか など

積極性

・熱意や意欲を持ってものごとに取り組むか,気力が乏しいところはないか など

表現力

・話し方がわかりやすく簡潔か,要領を得ないところはないか など

態度

・まじめに応答しているか,質問をはぐらかすところはないか など

【高卒】国家一般職 面接試験のまとめ

面接試験は筆記試験と違って1人で対策することは困難である。

理由は評価をつけるのが第3者であるからだ。

自分が正しく発言できていたとしても、受け取る側によっては最低評価をつけられることもある。

そのため誰かに意見をもらいながら練習することが必要なので覚えておこう。