【2020年度】高卒で公務員を目指す!試験日程一覧

        2分

高卒でも公務員になれますよ。

高校生

高卒で公務員になりたいけど、どんな試験があるの?ってか試験日っていつなのか知りたいな・・・。

上記の質問に回答していく。

高校生が将来なりたい職業ランキングで男女ともに公務員が1位になっている。

高卒で民間企業に就職しても給料が上がらない、安定していないといった悲観的な理由が主な原因だろう。

しかし、「公務員だから給料が高い」といった常識は間違えなので気を付けておこう。景気に左右されることがなく安定しているし、昇給・賞与は必ずあるので長く働くうえではメリットだらけだ。

そういった理由から公務員が人気なのだろう。人気だからこそ合格するには努力が必要だ。

まずは試験の日程や内容をよく理解してほしい。話はそれからだ。

公務員試験は就職試験である

はじめに言っておくが公務員試験は「就職試験」である。

たまに公務員試験を「資格試験」と勘違いしている人がいるが、まったく別物だ。

資格試験であれば勉強を一生懸命して高得点を取れれば合格できるが、公務員試験は違う。

筆記試験である程度の点数を取った人を対象に面接試験が待っている。

最近の傾向をみればわかるが、筆記試験を廃止して面接試験を中心に選考をかさねる市役所も増えている。

つまり今の公務員に求められるのは学力ではなく、人間性だということだ。

高卒が受験できる公務員の種類

公務員といっても数多く存在していることを知っているだろうか。

身近な存在でいえば、警察官や消防官だ。あとは学校の先生も公務員だが高卒ではなることはできない。

テレビをみると文部科学省や厚生労働省などの機関を聞いたことがないだろうか。あれも国家公務員と呼ばれる公務員だ。

あとは市役所や県庁で働いている人だって立派な公務員である。

このように公務員といっても多くの種類があるので、まずは「どんな仕事がしたいのか」「どういった場所で働きたいのか」を考えておく必要がある。

理由は公務員の種類によって試験日程が異なるからだ。

高卒が受験できる公務員試験はいつやっているのか

先ほど、書いたように公務員にも種類がたくさんあることは理解できただろうか。

多くの種類がある公務員だが高卒で受験できる公務員試験は9月に集中している。

簡単ではあるが、主な試験の種類と日程(2019年)を書くので参考にしてほしい。

国家一般職 9月1日(日)
税務職員 9月1日(日)
裁判所事務官 9月8日(日)
東京都職員 9月8日(日)
東京特別区 9月8日(日)
市町村職員 9月15日(日)
県庁職員 9月29日(日)
警察官(警視庁) 9月8日(日)
警察官(県警) 9月22日(日)
消防官(消防庁) 9月7日(土)
消防官(市町村) 9月15日(日)
刑務官 9月15日(日)
海上保安学校生 9月22日(日)

県庁職員や市町村職員、県警などは全国で同じ日に試験を実施することが多い。つまり、複数の県を受験(併願)することはできないと思っておこう。

どんな勉強をすればいいのか

公務員試験で行われる試験は大きく分けて2つだ。

  • 筆記試験
  • 面接試験

高卒公務員 筆記試験の内容

筆記試験は1次試験に実施されることが多い。一般的に教養試験と呼ばれている。

教養試験は「一般知識分野」と「一般知能分野」に大別することができ、すべての公務員試験で同じような内容が出題されている。つまり受験する場所や種類によって対策方法を変える必要はほとんどないということだ。

「一般知識分野」は中学校、高校で勉強してきた内容がそのまま出題されるので、日ごろから勉強をがんばっているあなたなら問題ないのではないだろうか。

しかし、出題科目数がセンター試験の比ではないので注意が必要。

国語英語日本史世界史地理倫理政治経済社会数学物理化学生物地学

「一般知能分野」は「数的推理」「判断推理」「空間把握」「資料解釈」「文章理解」の5科目で構成された科目で公務員試験の象徴といってもいいだろう。

公務員になりたいと思っている受験者の多くはこの一般知能に悩まされ、点数がとれずに合格できない。そんな悪魔のような科目なので覚えておこう。

面接試験

面接試験は2次試験で実施されることが多い。市役所では1次試験や受付面接があったりするので注意しよう。

面接試験の多くは「個人面接」だが、自治体によっては「集団討論」や「集団面接」「グループワーク」などを実施していることもある。

内容は様々なので必ず受験先の実施要綱に目を通しておこう。

まとめ

  • 公務員試験は就職試験である
  • 高卒の試験日程は9月がメイン
  • 試験は筆記試験と面接試験

さて、試験日程や試験内容が分かったので、あとは合格に向けて勉強をはじめることだ。

最後に僕が尊敬するピカソの言葉を贈る。

「できると思えばできる、できないと思えばできない。これはゆるぎない絶対的な法則である。」

目標に向けて努力を続けよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です