【高卒】東京都職員採用試験 面接は印象が良ければ合格できる理由|情報まとめ

        1分

高卒 東京都庁 面接の内容

高校生

東京都庁の試験を受けてるけど、個人面接の傾向とか知りたいな。

と、いった悩みを解決していく。

本記事は「東京都職員採用試験Ⅲ類(高卒)の面接試験」に関する情報をまとめている。

  • 東京都職員になりたい
  • 個人面接について知りたい
  • 聞かれたことを知りたい

と、いった人におすすめの内容だ。

筆記試験の点数が良ければ合格できると思っている人は注意が必要だ。

理由は面接試験重視の傾向だからである。

本記事を参考に面接について理解を深めていこう。

東京都庁を高卒で目指す高卒でも東京都庁で働きたい!採用試験の情報まとめ

【高卒】東京都職員採用試験 面接試験の傾向

実施 二次試験
試験時間 30分
面接官 3人
内容 個人面接

東京都庁の面接試験は二次試験に実施される。

内容は個人面接

試験時間30分、面接官3人から質問される形式だ。

面接では事前に提出する面接カードが重要となるので丁寧に書くようにしよう。

【高卒】東京都職員採用試験 面接カードの内容

  1. あなたがこれまで力を入れて取り組んだことや、興味を持っていることについて書いてください
  2. 最近関心を持ったこと(時事問題等)と、そのことに対するあなたの意見を書いてください
  3. 東京都を目指した理由について書いてください
  4. 東京都に採用されたらやってみたいことについて、具体的に書いてください(希望する職務分野)

自己PRと志望動機

面接では自己PRと志望動機がすべてである。

自己PRは今までの経験から学んだことや苦労したこと、そしてどんなふうに成長できたのかをアピールするものだ。

志望動機は東京都職員としてやりたいことやなりたい理由をアピールする。

発言したことに対して追加質問されるため、考えが浅いと返答に困ることがある。

そうならないためにも自己分析は時間をかけてやるようにしよう。

【高卒】東京都職員採用試験 個人面接の質問内容

・緊張していますか。

・昨日はよく眠れましたか。

・1分間で自己アピールしてください。

・あなたの長所は何ですか。

・東京都職員としてやってみたいことは何ですか。

・学生時代に苦労したことを教えてください。

・苦労した経験をどうやって乗り越えましたか。

・ボランティア活動の話をしてください。

・ボランティア活動での経験から学んだことは何ですか。

・苦手な人間はどんなタイプですか。

・ストレスはためやすい性格ですか。

・ストレス発散法を教えてください。

・配属先の上司が苦手な人間だったらどうしますか。

・部活動の思い出を教えてください。

・部活動で苦労したこと、学んだことを教えてください。

・東京都を志望する理由を教えてください。

・特別区でなく、東京都を選ぶ理由は何ですか。

【高卒】東京都職員採用試験 面接で評価を上げる方法

面接で重要なのは「印象」である。

あなたも仲良くなる人を探すときに、まず外見から入らないだろうか。

例えば金髪と黒髪なら黒髪が、短髪と長髪なら短髪のほうが良い印象を持たれると思うはずだ。

ぼそぼそしゃべる人よりはきはきしゃべる人のほうが接してみたいと思うように、面接でも同じことがいえる。

面接で印象をあげるために

必要なのは、

  • 声の大きさ、トーン
  • 表情

である。

とくに声の大きさと表情は面接の評価をあげる最大のポイントといってもいいだろう。

正直な話、自己PRや志望動機があまり完成できていなくても上記が良ければ評価はつく。

それくらい内容よりも印象が大切だということだ。

内容にこることも大切だが、それをどう伝えるかの方が大切ということを覚えておこう。

【高卒】東京都職員採用試験 面接のまとめ

  • 個人面接が二次試験にある
  • 自己PRと志望動機が重要
  • 印象をよくするようにしよう

面接はすぐにやったからといってできるようになりません。

長い期間をみて自然に自分のことを話せるように練習する必要があります。

はやめに準備をはじめましょう。